菊池慎之助(読み)きくち しんのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池慎之助 きくち-しんのすけ

1866-1927 明治-昭和時代前期の軍人。
慶応2年2月15日生まれ。明治22年陸軍少尉となる。人事局長,第三師団長などをへて大正11年朝鮮軍司令官。12年大将。15年教育総監となったが,昭和2年8月22日在職中に死去。62歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。陸軍大学校卒。旧姓戸田

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

菊池慎之助

没年:昭和2.8.22(1927)
生年:慶応2.2.15(1866.3.31)
明治大正期の陸軍軍人。常陸国(茨城県)士族戸田家に生まれ,菊池姓を継ぐ。明治13(1880)年教導団歩兵大隊に入隊。同22年陸軍士官学校卒。同30年陸軍大学校卒。日清戦争(1894~95)には近衛歩兵第3連隊大隊副官として出征。日露戦争前後の36年と39年に軍事研究のためドイツ,ロシアに駐在。日露戦争(1904~05)には第4軍副官,参謀として従軍。戦後,人事局長などを経て,大正10(1921)年には参謀本部次長,同11年朝鮮軍司令官となり,翌12年には大将に進む。同15年に教育総監となったが,在職中に死亡。

(小池聖一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android