コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池慎之助 きくち しんのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池慎之助 きくち-しんのすけ

1866-1927 明治-昭和時代前期の軍人。
慶応2年2月15日生まれ。明治22年陸軍少尉となる。人事局長,第三師団長などをへて大正11年朝鮮軍司令官。12年大将。15年教育総監となったが,昭和2年8月22日在職中に死去。62歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。陸軍大学校卒。旧姓戸田

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

菊池慎之助

没年:昭和2.8.22(1927)
生年:慶応2.2.15(1866.3.31)
明治大正期の陸軍軍人。常陸国(茨城県)士族戸田家に生まれ,菊池姓を継ぐ。明治13(1880)年教導団歩兵大隊に入隊。同22年陸軍士官学校卒。同30年陸軍大学校卒。日清戦争(1894~95)には近衛歩兵第3連隊大隊副官として出征。日露戦争前後の36年と39年に軍事研究のためドイツ,ロシアに駐在。日露戦争(1904~05)には第4軍副官,参謀として従軍。戦後,人事局長などを経て,大正10(1921)年には参謀本部次長,同11年朝鮮軍司令官となり,翌12年には大将に進む。同15年に教育総監となったが,在職中に死亡。

(小池聖一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

菊池慎之助の関連キーワード島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎芥川龍之介

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android