コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池政隆 きくち まさたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池政隆 きくち-まさたか

1491-1509 戦国時代の武将。
延徳3年生まれ。菊池為邦(ためくに)の甥(おい)重安の子。永正(えいしょう)元年肥後(熊本県)菊池氏惣領(そうりょう)23代をつぎ,肥後守と称する。翌年阿蘇惟長(あそ-これなが)(のちの菊池武経(たけつね))とむすんだ家臣団に菊池を追われ,復権をはかって挙兵したが敗れ,6年閏(うるう)8月合志郡(こうしぐん)安国寺で自殺した。19歳。初名は政朝(まさとも)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菊池政隆の関連キーワードHenryヘンリーヘンリー8世ラーマティボディ[2世]ヘンリー[8世]ダウハーコンゴ王国コペルニクス(年譜)ヘンリー8世ヘンリー[7世]

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android