コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池為邦 きくち ためくに

1件 の用語解説(菊池為邦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池為邦 きくち-ためくに

1430-1488 室町時代の武将。
永享2年生まれ。菊池持朝(もちとも)の長男。肥後(熊本県)菊池氏惣領(そうりょう)20代。享徳4年一揆(いっき)軍に隈部(くまべ)城をかこまれるが,薩摩(さつま)の島津勝久にすくわれる。康正(こうしょう)2年朝鮮に使者をおくり交易をはかる。文人武将として知られた。長享2年10月23日死去。59歳。幼名は犬丸。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菊池為邦の関連キーワードビータウタス真然比丘尼宙に浮いた年金記録新生銀行青函トンネル伽倻山クルク島申楽談儀尋尊年金記録問題

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone