コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池武政 きくち たけまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池武政 きくち-たけまさ

1342-1374 南北朝時代の武将。
康永元=興国3年生まれ。菊池武光(たけみつ)の長男。肥後(熊本県)菊池氏惣領(そうりょう)16代。九州南朝方の主将だった父とともに転戦。その死後跡をついで肥前本折(もとおり)城(佐賀県)などで九州探題今川貞世(さだよ)らと交戦したが,劣勢のうちに応安7=文中3年5月26日筑後(ちくご)(福岡県)高良山陣中で死去した。33歳。幼名は次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菊池武政の関連キーワード筑後川の戦い南北朝時代菊池神社菊池武朝康永

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android