コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池武政 きくち たけまさ

1件 の用語解説(菊池武政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池武政 きくち-たけまさ

1342-1374 南北朝時代の武将。
康永元=興国3年生まれ。菊池武光(たけみつ)の長男。肥後(熊本県)菊池氏惣領(そうりょう)16代。九州南朝方の主将だった父とともに転戦。その死後跡をついで肥前本折(もとおり)城(佐賀県)などで九州探題今川貞世(さだよ)らと交戦したが,劣勢のうちに応安7=文中3年5月26日筑後(ちくご)(福岡県)高良山の陣中で死去した。33歳。幼名は次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

菊池武政の関連キーワード北斉阿蘇惟政今峰氏光斯波兼頼南部政行船田経政松浦定結城朝常祐高由良光氏

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone