関口(読み)せきぐち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関口
せきぐち

東京都文京区西部の住宅・商業地区。山手台地に属する目白台と神田川低地にまたがる。江戸最初の上水道神田上水取入口,大洗堰があったのが地名起源松尾芭蕉が住んだという芭蕉庵跡がある。台地上は高級住宅地。明治の元勲山県有朋邸跡の椿山荘は広い庭園で知られ,現在,レストラン,ホテルとなっている。神田川沿いに江戸川公園がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せきぐち【関口】

[1] 〘名〙 「せきぐちりゅう(関口流)」の略。
歌舞伎幼稚子敵討(1753)六「分けて関口は十の気、十の体、十四の裏なんど迚、体術柔においては古今独歩の奥儀司所に」
[2] 東京都文京区南西部の地名。江戸時代、神田上水はここで二つに分かれ、一つは上水となり、他の一つは堰が設けられて江戸川(神田川)に落ちていたところからの地名。茗荷(みょうが)の産地として有名であった。

せきぐち【関口】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関口の関連情報