コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池鋳太郎 きくち ちゅうたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池鋳太郎 きくち-ちゅうたろう

1859-1944 明治-昭和時代前期の彫刻家。
安政6年11月15日生まれ。国沢新九郎に洋画を,ラグーザに彫刻をまなぶ。明治29年黒田清輝らの白馬会創設にくわわり,第1回展に「久米民之助氏之像」を出品。31年白馬会絵画研究所開設にあたり,私宅を1年間提供した。昭和19年死去。86歳。江戸出身。工部美術学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菊池鋳太郎の関連キーワード岸沢式佐カミュスタージェスもの派レジスタンス文学ビラフランカの和議余計者光の科学史チェチェン中国白書

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android