コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池鋳太郎 きくち ちゅうたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池鋳太郎 きくち-ちゅうたろう

1859-1944 明治-昭和時代前期の彫刻家。
安政6年11月15日生まれ。国沢新九郎に洋画を,ラグーザに彫刻をまなぶ。明治29年黒田清輝らの白馬会創設にくわわり,第1回展に「久米民之助氏之像」を出品。31年白馬会絵画研究所開設にあたり,私宅を1年間提供した。昭和19年死去。86歳。江戸出身。工部美術学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菊池鋳太郎の関連キーワード岸沢式佐カミュスタージェスもの派レジスタンス文学ビラフランカの和議余計者光の科学史チェチェン中国白書

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android