コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池黄山 きくち こうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池黄山 きくち-こうざん

1697-1776 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)10年生まれ。増田正宅(まさいえ)の次男。讃岐(さぬき)高松藩につかえ,菊池高洲,後藤芝山(しざん)らおおくの門人をそだてた。安永5年3月1日死去。80歳。讃岐出身。名は武賢(たけまさ)。字(あざな)は庭実。通称は八右衛門別号に崧渓。著作に「讃州府志靦面集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菊池黄山の関連キーワード増田雅宅渓百年儒者