コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池 大麓 キクチ ダイロク

20世紀日本人名事典の解説

菊池 大麓
キクチ ダイロク

明治・大正期の数学者,教育行政家,男爵 文相;東京帝国大学総長;京都帝国大学総長;帝国学士院院長。



生年
安政2年1月29日(1855年)

没年
大正6(1917)年8月19日

出生地
江戸

旧姓(旧名)
箕作

学歴〔年〕
ケンブリッジ大学数学科卒

学位〔年〕
理学博士〔明治21年〕

経歴
父の実家・菊池家を継ぐ。慶応2年、明治3年の二度にわたり英国に留学、ケンブリッジ大学で数学・物理を学ぶ。10年帰国後、東京大学理学部教授となり日本で初めての洋算の講義を行った。一方、文部行政面では専門学務局長、文部次官を経て、31年東京帝国大学総長、34年第1次桂内閣の文部大臣、41年京都帝国大学総長、42年帝国学士院長を歴任。この間、23年から勅選貴院議員。45年枢密顧問官。大正6年理化学研究所の開設に伴い初代所長となった。明治37年男爵。「初等幾何学教科書」をはじめ優れた教科書を著し、文部大臣としては高等教育制度の改革に力を注いだ。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

菊池 大麓
キクチ ダイロク


肩書
文相,東京帝国大学総長,京都帝国大学総長,帝国学士院院長

旧名・旧姓
旧姓=箕作

生年月日
安政2年1月29日(1855年)

出生地
江戸

学歴
ケンブリッジ大学数学科卒

学位
理学博士

経歴
父の実家・菊池家を継ぐ。慶応2年、明治3年の二度にわたり英国に留学、ケンブリッジ大学で数学・物理を学ぶ。10年帰国後、東京大学理学部教授となり日本で初めての洋算の講義を行った。一方、文部行政面では専門学務局長、文部次官を経て、31年東京帝国大学総長、34年第1次桂内閣の文部大臣、41年京都帝国大学総長、42年帝国学士院長を歴任。この間、23年から勅選貴院議員。45年枢密院顧問官。大正6年理化学研究所の開設に伴い初代所長となった。明治37年男爵。「初等幾何学教科書」をはじめ優れた教科書を著し、文部大臣としては高等教育制度の改革に力を注いだ。

没年月日
大正6年8月19日

家族
父=箕作 秋坪(洋学者)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

菊池 大麓の関連キーワード日本科学史(年表)藤沢 利喜太郎藤沢利喜太郎東京音楽学校東京数学会社美濃部 達吉東洋学芸雑誌美濃部亮吉田中館愛橘教科書疑獄日本科学史遠藤利貞岩田好算高木貞治百科全書箕作阮甫天野平岸沢田吾一箕作秋坪箕作元八

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菊池 大麓の関連情報