菩提道燈論(読み)ぼだいどうとうろん(英語表記)Bodhipathapradīpa

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菩提道燈論
ぼだいどうとうろん
Bodhipathapradpa

インド、チベットの仏教書。1042年チベットに入ったインドの学僧アティーシャが入国直後に書いた。68の詩偈(しげ)とその自注よりなる。発菩提心(ほつぼだいしん)、持戒(じかい)、六波羅蜜(ろくはらみつ)などの菩薩(ぼさつ)の修行の次第を説き、その後、密教を略説するが、中観(ちゅうがん)思想に基づく般若(はんにゃ)波羅蜜の修習の解説に中心がある。この書は、チベット仏教カダム派の基本宗典となり、その後ツォンカパの『菩提道次第論(しだいろん)』のモデルとなるなど、後のチベット仏教に大きな影響を与えた。[松本史朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android