コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぞえ ぞえ

大辞林 第三版の解説

ぞえ

( 連語 )
〔終助詞「ぞ」に終助詞「え」が付いたもの。近世語〕
文末の活用語の終止形に付き、念を押すのに用いる。 「こりやわたしが心のたけぢや-/滑稽本・膝栗毛 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぞえの関連キーワード地酒(鹿児島県特産の醸造酒)淚・類・塁・壘・涙・累・類山口県大島郡周防大島町平野差し添い人・差添い人引き合い・引合い巻き添い・巻添い差し添い・差添い強請る・虎落る座する・坐する笠の台が飛ぶ羽賀軍太郎三輪文屋君常盤井其堂ちゃらくら三段仕込み側杖・傍杖迸り・逬り訳を立てる木下犀潭池魚の殃

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぞえの関連情報