コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

華厳滝投身事件 けごんのたきとうしんじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

華厳滝投身事件
けごんのたきとうしんじけん

第一高等学校生徒の自殺事件。自殺したのは俊才をうたわれた文学青年藤村操。1903年5月22日,日光町の旅館から自宅へ「世界に益なき身は生きている甲斐はないから華厳の滝に身を投じる」との遺書を届け投身。近くの大木に記された「巌頭之感」は当時の知識青年層を代表する心情として社会風潮史に残されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android