コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤村操 ふじむら みさお

3件 の用語解説(藤村操の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤村操 ふじむら-みさお

1886-1903 明治時代の哲学青年。
明治19年7月生まれ。那珂通世(なか-みちよ)の甥(おい)。一高在学中の明治36年5月22日,日光華厳(けごん)の滝上の楢(なら)の木の幹に「巌頭(がんとう)之感」という一文をしるして投身自殺した。18歳。その死は社会に衝撃をあたえた。東京出身。
【格言など】万有の真相は唯(ただ)一言にして悉(つく)す,曰(いわ)く「不可解」。我この恨(うらみ)を懐(いだ)いて煩悶(はんもん)終(つい)に死を決するに至る(「巌頭之感」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤村操

没年:明治36.5.22(1903)
生年:明治19.7(1886)
満16歳10カ月の一高1年生が,日光の華厳の滝に投身自殺した。滝の落ち口の大樹をけずり,明治36年5月22日次のように墨書してあった。「巌頭之感。悠々たるかな天壌,遼々たるかな古今,五尺の小躯をもってこの大をはからむとす。ホレーショの哲学ついに何等のオーソリチーを価するものぞ,万有の真相は唯一言にして悉す。曰く『不可解』。我この恨みを懐いて煩悶終に死を決するに至る。既に巌頭に立つに及んで,胸中何等の不安あるなし。はじめて知る,大なる悲観は大なる楽観に一致するを」 この短い文章をそらんじた少年はたいへんな数にのぼり,昭和の大戦争までつづいた。ことに一高同窓生にあたえた衝撃ははげしく,「悲鳴窟」と呼ばれる下宿があって,そこに集まる一高生(林久男,渡辺得男,岩波茂雄ら)は学校にいかずそこで泣いてくらした。岩波書店の哲学書の系列のひとつの源流はここにあった。マイレンデルやカミュの説いたように,どうして自殺しないかが哲学のただひとつの問題であるとすれば,藤村操はこの問題を同時代の知識人に対してはっきりとそれをさぐりあてて示した。那珂通世の甥。黒岩涙香『天人論』(1904)はその衝撃を受けとめて書かれた。

(鶴見俊輔)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじむらみさお【藤村操】

1886‐1903(明治19‐36)
一高文科1年在学中の1903年5月22日,日光華厳滝に投身自殺した哲学青年。東洋史家那珂通世の甥。滝上のナラの木に〈巌頭之感〉の題下〈万有の真相は唯だ一言にして悉す曰く不可解我この恨を懐いて煩悶終に死を決するに至る〉と遺書した。文明,国家,立身出世主義に背を向け新しい人生価値を求めての煩悶自殺で,当時の社会に強い衝撃を与え,多くの追随青年を出したほか,個我中心の新思潮を促す一因をなした。【阿部 恒久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

藤村操の関連キーワードナンバースクール岩石区藤村操農事試験場プラット修正ロシア映画帝国大学スティーブンソン帝国大学クラーク

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤村操の関連情報