コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俊才/駿才 シュンサイ

2件 の用語解説(俊才/駿才の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅん‐さい【俊才/×駿才】

並みはずれてすぐれた才能。また、その持ち主。「門下の―」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

俊才 しゅんさい

1259-1353 鎌倉-南北朝時代の僧。
正元(しょうげん)元年生まれ。華厳宗東大寺の凝念,聖然(しょうねん)に真言・華厳・律をまなぶ。京都大通寺,東大寺真言院の住持となり,のち戒壇院長老。後醍醐(ごだいご)天皇の戒師となった。造東大寺大勧進職をつとめ,晩年,相模(さがみ)(神奈川県)金沢の称名寺にうつる。文和(ぶんな)2=正平(しょうへい)8年10月2日死去。95歳。字(あざな)は十達(じったつ)。著作に「五教章要文集」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone