俊才(読み)シュンサイ

  • 俊才 しゅんさい
  • 俊才/×駿才

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1259-1353 鎌倉-南北朝時代の僧。
正元(しょうげん)元年生まれ。華厳宗東大寺凝念,聖然(しょうねん)に真言・華厳・律をまなぶ。京都大通寺,東大寺真言院の住持となり,のち戒壇院長老。後醍醐(ごだいご)天皇の戒師となった。造東大寺大勧進職をつとめ,晩年,相模(さがみ)(神奈川県)金沢の称名寺にうつる。文和(ぶんな)2=正平(しょうへい)8年10月2日死去。95歳。字(あざな)は十達(じったつ)。著作に「五教章要文集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android