コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俊才/駿才 シュンサイ

デジタル大辞泉の解説

しゅん‐さい【俊才/×駿才】

並みはずれてすぐれた才能。また、その持ち主。「門下の―」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

俊才 しゅんさい

1259-1353 鎌倉-南北朝時代の僧。
正元(しょうげん)元年生まれ。華厳宗。東大寺の凝念,聖然(しょうねん)に真言・華厳・律をまなぶ。京都大通寺,東大寺真言院の住持となり,のち戒壇院長老。後醍醐(ごだいご)天皇の戒師となった。造東大寺大勧進職をつとめ,晩年,相模(さがみ)(神奈川県)金沢の称名寺にうつる。文和(ぶんな)2=正平(しょうへい)8年10月2日死去。95歳。字(あざな)は十達(じったつ)。著作に「五教章要文集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

俊才/駿才の関連キーワードニキータ ミハルコフ・コンチャロフスキーM.L. ブリルアン栴檀は双葉より芳しアンリ ピレンヌ華厳滝投身事件磯辺 弥一郎山口 将吉郎南北朝時代波多野敬直公議政体論与謝野鉄幹清水千代女荻原井泉水松平定信波多兼虎沼野玄昌菅原玄同鳩摩羅什鎌田俊清江村北海