俊才(読み)しゅんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「俊才」の解説

俊才 しゅんさい

1259-1353 鎌倉-南北朝時代の
正元(しょうげん)元年生まれ。華厳宗東大寺凝念,聖然(しょうねん)に真言・華厳・律をまなぶ。京都大通寺,東大寺真言院の住持となり,のち戒壇院長老。後醍醐(ごだいご)天皇の戒師となった。造東大寺大勧進職をつとめ,晩年,相模(さがみ)(神奈川県)金沢の称名寺にうつる。文和(ぶんな)2=正平(しょうへい)8年10月2日死去。95歳。字(あざな)は十達(じったつ)。著作に「五教章要文集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

普及版 字通「俊才」の解説

【俊才】しゆんさい

英才。〔老学庵筆記、八〕宋白書のに云ふ。風騷(ふうさう)地にちて、さんと欲す 春は南宮を(とざ)して、に入ることりなり 三百の才、に似たり れむべし、(ひとり)の、詩を解する人無し~と。其の自ら(たの)むこと此(かく)の如し。

字通「俊」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android