乃至(読み)ないし

精選版 日本国語大辞典「乃至」の解説

ない‐し【乃至】

〘接続〙
① すべての事柄を列挙することをしないで、主な事柄を挙げたり、重いものと軽いものを挙げたりして、その他は省略することを示す。あるいは。または。
※霊異記(810‐824)上「放生する者は、北方无量浄土に生まる、一日斎食する者は、十年の粮を得、至善悪を造り、受くる所の報等の事を見て怖りて還り来り」
※今昔(1120頃か)二五「其々の川辺(ほとり)に、乃至其(それ)の岳の彼方面に、〈略〉臥たらめ」
② 同種の順序だった事柄を列挙する場合、その中間の事柄を省略することを示す。…から…(まで)。
※観智院本三宝絵(984)下「阿みだ仏の名号を聞持ちて若一日、若二日、若三日、乃至七日、一心不乱臨終の時に心顛倒せずして即極楽に生る」
③ (yāvat または antaśas の訳語) 仏語。一般に二義があり、一つは物あるいは数などの下から上に至ることを示すもので、上至と同義であるとし、他は上から下に至ることを示すもので、下至と同義とする。また、前者を従少向多、後者を従多向少とも呼ぶ。
※教行信証(1224)二「復乃至者、一多包容之言」
※一念多念文意(1257)「乃至(ナイシ)は、おほきをも、すくなきをも、ひさしきをも、ちかきをも、さきをも、のちをも、みなかねをさむることばなり」
[語誌]漢文訓読において、「すなわち…に至るまでに」「すなわち…までに」とも訓読されたが、「ないし」と音読されることもあり、これが、やがて接続詞として主に和漢混淆文系の文章に用いられることになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android