コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩原元克 はぎわら もとえ

美術人名辞典の解説

萩原元克

徳川中期の国学者、通称は平吉、元翼の子、初め加賀美光章に就いて学び、のち本居宣長の門人となる。国学に通じ和歌をよくした。著書に『甲斐名勝志』『道の枝折』等がある。文化2年(1805)歿、57才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩原元克 はぎわら-もとえ

1749-1805 江戸時代中期-後期の国学者。
寛延2年11月5日生まれ。加賀美光章(みつあき)にまなび,天明3年「甲斐(かい)名勝志」をあらわす。7年本居宣長(もとおり-のりなが)の門人となる。文化2年7月9日死去。57歳。甲斐(山梨県)出身。本姓は佐藤。字(あざな)は士譲。通称は徳兵衛,平吾。号は静斎,萩屋。著作はほかに「道の枝折」「萩舎翁殊音同帰」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android