コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩原虎六 はぎわら ころく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩原虎六 はぎわら-ころく

1841-1865* 幕末の武士。
天保(てんぽう)12年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩士。槍・砲・柔術の達人。文久2年(1862)藩主にしたがって京都へいき,尊攘(そんじょう)派とまじわる。3年八月十八日の政変後帰藩,在京中に千種家(ちくさけ)雑掌(ざっしょう)賀川肇らを殺害したとして元治(げんじ)元年12月26日自刃(じじん)を命じられた。24歳。名は政輿(まさこし)。
【格言など】よしや身は草むす野辺に埋む共君のなき名を洗てすゝかん(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

萩原虎六の関連キーワード雑掌

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android