コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩原虎六 はぎわら ころく

1件 の用語解説(萩原虎六の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩原虎六 はぎわら-ころく

1841-1865* 幕末の武士。
天保(てんぽう)12年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩士。槍・砲・柔術の達人。文久2年(1862)藩主にしたがって京都へいき,尊攘(そんじょう)派とまじわる。3年八月十八日の政変後帰藩,在京中に千種家(ちくさけ)雑掌(ざっしょう)賀川肇らを殺害したとして元治(げんじ)元年12月26日自刃(じじん)を命じられた。24歳。名は政輿(まさこし)。
【格言など】よしや身は草むす野辺に埋む共君のなき名を洗てすゝかん(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

萩原虎六の関連キーワード安藤杢之進市川豊次島田勝摩世木騎六玉木彦助寺尾権平新納八郎二樋口良好藤村太郎槙島錠之助

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone