コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落合芳幾 おちあい よしいく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

落合芳幾 おちあい-よしいく

1833-1904 幕末-明治時代の浮世絵師。
天保(てんぽう)4年生まれ。歌川国芳にまなび,同門月岡芳年(よしとし)とならび称された。明治5年「東京日日新聞」,8年「東京絵入新聞」の創刊に参加,新聞紙上に挿絵をとりいれた。美人風俗画や役者似顔絵などを得意とした。明治37年2月6日死去。72歳。江戸出身。通称は幾次郎。号は一恵(蕙)斎,朝霞楼。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の落合芳幾の言及

【イラストレーション】より

…この挿絵は浮世絵師によって手がけられた。明治に入ると草双紙の雰囲気と性格は,1875年歌川国芳門下の落合芳幾(よしいく)(1833?‐1904)が描く《平仮名絵入新聞》に始まる,庶民向けの絵入り新聞に受け継がれた。芳幾はじめ《団々珍聞》の小林清親,《郵便報知新聞》の月岡芳年らは浮世絵師の流れをくみ,これら絵入り新聞は草双紙と同じく,絵が主,文が従の趣があった。…

【東京絵入新聞】より

…題字の変遷が示すとおり,平仮名の文章と挿絵入りの紙面を売物に,江戸時代から草双紙に親しんできた町人や婦女子に愛読された。《東京日日新聞》創刊にもかかわった社主落合芳幾(よしいく)(1833‐1904)が有名な浮世絵師であったため,みずから彫刻して社会記事(雑報)に適した挿絵を入れた。また,戯作者高畠藍泉(たかばたけらんせん)(1838‐85)も編集長として活躍し,染崎延房(のぶふさ)(1818‐86。…

※「落合芳幾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

落合芳幾の関連キーワード高畠藍泉明治時代歌川派天保

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android