コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉室麟 ハムロリン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葉室麟 はむろ-りん

1951- 平成時代の小説家。
昭和26年1月25日生まれ。地方新聞の記者をへて,50歳をすぎて本格的に創作活動にはいる。平成17年尾形光琳乾山兄弟をえがいた「乾山晩愁」で歴史文学賞。19年「銀漢の賦」で松本清張賞。24年5度目の候補作で,10年後の切腹を命じられた武士をえがいた「蜩(ひぐらし)ノ記」で直木賞。作品はほかに「いのちなりけり」「秋月記」「花や散るらん」「恋しぐれ」「星火瞬く」など。福岡県出身。西南学院大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

葉室麟

作家。1951年、福岡県生まれ。西南学院大学を卒業後、地方新聞の記者などを経て、50歳を過ぎてから本格的に創作活動を始める。2005年、第29回歴史文学賞を受賞した『乾山晩愁(けんざんばんしゅう)』でデビュー。07年に『銀漢の賦(ふ)』で第14回松本清張賞を受賞し、12年に第146回直木賞を受賞した『蜩(ひぐらし)ノ記』は映画化もされた。16年には『鬼神の如く 黒田叛臣(はんしん)伝』で第20回司馬遼太郎賞を受賞した。その後も多くの作品を発表していたが、17年12月23日、病気のため死去した。享年66。その他の主な著書に『いのちなりけり』『秋月記』などがある。

(2017-12-26)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

葉室麟の関連キーワード風の峠~銀漢の賦~蜩ノ記葉室

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葉室麟の関連情報