葉衣観音(読み)ようえかんのん(英語表記)Parṇaśabrī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葉衣観音
ようえかんのん
Parṇaśabrī

胎蔵界曼荼羅の観音院に列する観音。2臂像と4臂像があり,像容や持物は一定しない。この尊を本尊として無病長寿などを祈る葉衣法という修法がなされる。三十三観音の一つであり,日本では単独尊としての信仰を受けるにはいたらなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ようえ‐かんのん〔エフエクワンオン〕【葉衣観音】

三十三観音の一。赤蓮華座または白蓮華座に左膝を立てて座る姿に表され、二臂(ひ)または四臂。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android