コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛城川 カツラギガワ

デジタル大辞泉の解説

かつらぎ‐がわ〔‐がは〕【葛城川】

奈良県北西部を流れる川。大和川水系の一。金剛山地金剛(こんごう)山東斜面に源を発して北東流し、奈良盆地中西部の田園地帯をうるおし北葛城(かつらぎ)郡広陵町北部で大和川支流の曽我(そが)川に合流する。長さ25キロ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葛城川
かつらぎがわ

奈良県中西部を流れる川。御所(ごせ)市南西部の金剛山に源を発し、御所市街地を貫き、多くの支流を集めて北流し、広陵(こうりょう)町北部で曽我(そが)川と合流、やがて大和(やまと)川に注ぐ。山地から奈良盆地に出る所で扇状地を形成、中流以下は天井(てんじょう)川をなし、豪雨の際はしばしば堤防が決壊した。近年改修が行われ洪水禍から免れた。江戸時代には水田灌漑(かんがい)と出水調整のため多くの井堰(いせき)が設けられた。[菊地一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

葛城川の関連キーワード百済(くだら 奈良県の地名)御所(市)広陵(町)御所[市]大和高田市箸尾

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android