コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛生動物群 くずうどうぶつぐん

世界大百科事典 第2版の解説

くずうどうぶつぐん【葛生動物群】

栃木県安蘇郡葛生町付近の石灰岩割れ目堆積物に含まれる化石脊椎動物群の総称で,地質時代では第四紀更新世にあたる。鹿間時夫によれば,上,中,下の3層準のものに区分される(1949)。上部は,シカマトガリネズミ,ニホンモグラジネズミ,タイリクヤチネズミ,タイリクハタネズミ,タナカグマ,ヒョウ,トラ,ヤベオオツノシカナウマンゾウなど35属58種,その50%が絶滅種である。同様な化石動物群は,静岡県浜北市の白岩や引佐郡三ヶ日町の只木,青森県の尻屋崎,愛知県豊橋市北東の牛川,山口県の伊佐など,石灰岩地帯の割れ目の堆積物から知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android