コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛網(桂網) かつらあみ

1件 の用語解説(葛網(桂網)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かつらあみ【葛網(桂網)】

葛寄せ網などともいい,主としてタイ漁に用いられた。摂津,紀伊,瀬戸内海を中心に室町時代末期ごろから発達したのではないかとみられている。江戸時代になると筑前,長門,肥前,肥後,薩摩,尾張,江戸湾などにも普及して,その規模もかなり大きくなっていった。これは漁網のほかに振縄と称する威嚇縄具(長大な幹縄にたくさんブリ板をつり下げたもの)を用い,それで海底を引き回してタイを深処より浅瀬に追い出し,その背後から地引網をかけ回すか(地漕(じこぎ)網),浅処に浮き上がったタイを旋(まき)網で捕獲するか,あるいは敷網を入れておきその上に魚群を追い込んでとるか,地方によって漁網自体はさまざまであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

葛網(桂網)の関連キーワード青寄せ買い漁る主として被せ網汲み鮎タイインてもい・いみっともい・いヘキセナールベニバナ油