コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛網(桂網) かつらあみ

世界大百科事典 第2版の解説

かつらあみ【葛網(桂網)】

葛寄せ網などともいい,主としてタイ漁に用いられた。摂津,紀伊,瀬戸内海を中心に室町時代末期ごろから発達したのではないかとみられている。江戸時代になると筑前,長門,肥前,肥後,薩摩,尾張,江戸湾などにも普及して,その規模もかなり大きくなっていった。これは漁網のほかに振縄と称する威嚇縄具(長大な幹縄にたくさんブリ板をつり下げたもの)を用い,それで海底を引き回してタイを深処より浅瀬に追い出し,その背後から地引網をかけ回すか(地漕(じこぎ)網),浅処に浮き上がったタイを旋(まき)網で捕獲するか,あるいは敷網を入れておきその上に魚群を追い込んでとるか,地方によって漁網自体はさまざまであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

葛網(桂網)の関連キーワード葛寄せ網

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android