地引網(読み)じびきあみ(英語表記)beach seine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最も古くからある引網類を代表する典型的な形をした網漁具。著しく長い袖網2枚と袋網1枚,両袖に取付けた2本の引綱から成り,操業には漁船1隻で行う場合と2隻で行う場合がある。魚群が入ったら,両側の引綱をそろえて揚網する。以前は人力で引綱を引いたが,現在では動力ウインチが用いられる。千葉県の沿岸若狭湾を中心に各地で行われている。イワシサバアジボラサケなどの漁獲に使われ,観光の対象にもなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

の沖合に網をかけ陸上に引き上げて漁獲する網。円筒形か円錐形の袋網に,魚群を誘導するための両袖(そで)網を付け,その先の長い引綱を引子やあるいは機械,家畜により引いてたぐる。漁獲対象はイワシ,サバなど各種。現在,地引網による漁業は盛んではなくなっているが,一部では観光漁業などで使われている。
→関連項目網漁具沿岸漁業船引網

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漁具一種。漁具をさす場合の名称表記としては「地曳網(じびきあみ)」とするのが正しいが、一般には「地引網」の表記が通行している。ほかの引網類と同様、一袋両翼の網(袋状の網とその網口の左右につけた長い袖(そで)網からなる網)と引綱からなる。陸地を拠点として沖合いから網具を引き寄せ、陸岸に引き上げて、網に入った水産生物を漁獲する。操業方法には、1艘(そう)の網船で行う片手回しと、網船が2艘の双手(両手)(もろて)回しとがある。また、引き寄せるもの、船でかけ回して引き締めるもの、引網してから引き上げるものもあり、船引網類と似ているが、船に網を引き上げる船引網類に対し、地引網類は網を岸に引き寄せて漁獲する漁具である。
 地こぎ網は地引網類の一つで、引網に先だちロープに威嚇具をつけた振縄(ぶりなわ)によって魚群を網の前面へ駆集し、魚群の網による包囲を効果的かつ容易にしておいて、地引網によって岸に引き寄せて漁獲するものである。陸岸への引き上げは、人力で引網されるもののほか、揚網ウィンチや各種の巻胴を使用することがある。地引網は江戸時代に全盛を誇った漁具で、潮流があまり速くない砂浜地帯の重要な漁業であったが、第二次世界大戦後、巾着(きんちゃく)網や底引網が各地の沖合いで漁獲することによる沿岸水産資源の減少、工場用地、港湾施設用地の造成による漁場の埋立て、沿岸域の汚染などによって魚群が陸岸近くまで来遊しにくくなり、大型の地引網をはじめとする各種地引網は衰退している。1972~1982年(昭和47~57)における主要な漁獲物はイワシ類、シラス、マアジ、サバ、ボラで、漁獲量はマイワシが増加していた。ほかは全魚種が減少し、全体としては1万3000トンから7000トンまでほぼ半減した。その後、漁獲量は減少し続け、1996年(平成8)に2502トン、2006年(平成18)には1025トンとなっている(農林水産省「平成18年漁業・養殖業生産統計年報」による)。着業統数も同じ傾向にあるが、一部では観光漁業として存続している地域もある。普通、袋網は円筒形または円錐(えんすい)形で、口径は6~9メートル、長さ20~40メートル、片袖の長さは90~200メートルのものが多く、その網裾(あみすそ)は離底しない。[笹川康雄・三浦汀介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版の解説

漁業用の引網の一種で,2本の引綱,左右の袖網と一つの袋網からなる
海岸に拠点をおき,魚群の来遊を待って網を張り,浜に引き寄せてとる。戦国時代から発達し江戸時代には各地で行われ,九十九里浜の鰯地引は有名。機動力に乏しいので現在は衰えた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android