コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛西清貞 かさい きよさだ

2件 の用語解説(葛西清貞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葛西清貞 かさい-きよさだ

?-1350 南北朝時代の武将。
葛西清重の孫。陸奥(むつ)石巻(宮城県)日和山(ひよりやま)城主。父とともに南朝方の北畠顕家(あきいえ)に属し,建武(けんむ)3=延元元年足利尊氏を追って京都にいき,各地を転戦。顕家の死後帰国し,興国元=暦応3年顕家の弟顕信をむかえて陸奥国府攻めなどにくわわった。観応(かんのう)元=正平(しょうへい)5年3月16日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

葛西清貞

生年:生没年不詳
南北朝時代の武将。武蔵守。法名円蓮。宗清(清宗)の子。建武新政府に反旗をひるがえした足利尊氏の追討を命じられた北畠顕家は建武2(1335)年5万騎を率いて追走するが,この大軍の中に宗清,清貞父子が属す。進軍中の翌3年義良親王令旨をもって「無二之忠」を感謝される。延元2/建武4(1337)年顕家に従い伊達郡霊山に移り,同年顕家再度の西上にも従軍。翌3年顕家戦死後帰国していたが,台風のため義良親王下向が頓挫したあとは,常陸国に着いた北畠親房に使者を出して奥州下向と奥州の大軍を糾合しての西上を勧めた。興国1/暦応3(1340)年北畠顕信を牡鹿湊に迎え,陸奥国府を占拠する北朝方の石塔義房,義元父子に対し,南の伊達氏と呼応して,同3年にかけて北方から攻撃した(栗原郡三迫の戦)。同6年顕信の命を受けて和賀,滴石の諸氏と共に斯波郡の北党と闘ったようであるが以後不明。石巻市多福院には関連する板碑が存する。また曹洞宗の奥羽第1とされる黒石(水沢市)にある正法寺への寄進者の中にも清貞の名がみえる。<参考文献>『石巻市史』6巻

(伊藤清郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葛西清貞の関連キーワード阿蘇惟政伊作宗久今川範満斯波兼頼南部政行船田経政松浦定結城朝常遊佐国長由良光氏

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone