葵菫(読み)アオイスミレ

大辞林 第三版の解説

あおいすみれ【葵菫】

スミレ科の多年草。山野・路傍に見られる。全株に細毛がある。葉は根生し、長い柄をもつ心円形。早春、淡紫色の花を横向きにつける。ヒナブキ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あおい‐すみれ あふひ‥【葵菫】

〘名〙 スミレ科の多年草。各地の山地や路傍などの湿った土地に生える。高さ一〇~二〇センチメートル。葉は直径二~八センチメートルほどのフタバアオイに似た心臓状円形で縁に浅い鋸歯(きょし)があり、根元から束生する。早春、淡紫色の左右相称の花が横向きに咲く。唇弁(しんべん)に紫色の筋がある。ひなぶき。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android