コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒙古游牧記 もうこゆうぼくきMeng-gu youmu-ji; Mêng-ku yu-mu-chi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒙古游牧記
もうこゆうぼくき
Meng-gu youmu-ji; Mêng-ku yu-mu-chi

中国,清朝治下のモンゴルの歴史地理を記した書。 16巻。張穆著。何秋濤増補。咸豊9 (1859) 年に完成。モンゴルの各部族ごとに,その簡単な歴史,所在,山川その他が記されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒙古游牧記
もうこゆうぼくき

中国、清(しん)代のモンゴル歴史・地理に関する漢文編纂(へんさん)書。16巻。張穆(ちょうぼく)の著、何秋濤(かしゅうとう)の増補。張穆は編纂途上に死去し、その遺言で友人の何秋濤が引き継ぎ、1859年に完成した。内・外モンゴルを24集落に区分して、各集落の住地と牧地、主要な山川、集落の由来と王公の系譜などをまとめ、清朝皇帝をいただくモンゴル諸王公のモンゴリア分有支配を総述する。史料価値の高い箇所もある。[杉山正明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

蒙古游牧記の関連キーワード杉山正明

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android