コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒜山原 ひるぜんばら

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕蒜山原(ひるぜんばら)


岡山県北部、真庭(まにわ)市北部の蒜山火山群の南麓(なんろく)に広がる火山灰地。東西約15km、南北約3~6km。標高500~660m。明治期以降、軍馬の育成場や陸軍演習場に使われ、立ち入り禁止地区だった。第二次大戦後開拓が進展。現在、夏ダイコンの生産とジャージー種乳牛の集約酪農が盛ん。大山隠岐(だいせんおき)国立公園に属する。キャンプ場・スキー場としても知られ、国民休暇村がある。蒜山大山スカイラインが通じる。蒜山高原とも。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒜山原
ひるぜんばら

岡山県最北部、蒜山火山群の南麓(なんろく)に広がる高原。真庭(まにわ)市北部の八束(やつか)地区と川上地区にまたがり、東西約14キロメートル、南北3~5.5キロメートル、標高500メートル内外である。高原の南部は旭(あさひ)川の源流域で、蒜山盆地を形成している。旭川はかつて日本海に流出していたが、火山群の噴出により、中国山地の主脈との間に堰止湖(せきとめこ)ができ、湖盆に珪藻(けいそう)土を含む洪積層が堆積(たいせき)した。その後、湖の水は洪積層を下刻して太平洋側に流出するようになった。高原は火山灰土(黒ぼく土)に覆われ、長く原野のまま採草地に利用されてきた。1898年(明治31)軍馬の放牧場に、1937年(昭和12)陸軍演習場になったが、第二次世界大戦後は緊急開拓事業として入植が行われ、ナツダイコン栽培と酪農に活路をみいだした。1954年(昭和29)美作(みまさか)集約酪農地域に指定され、1966年野菜指定産地になった。酪農ではジャージー種乳牛を特徴とする。高原西部は三木ヶ原(みきがはら)とよばれ、中国四国酪農大学校の牧場、キャンプ場、休暇村蒜山高原などがあり、現在は無料化された旧蒜山大山(だいせん)スカイラインの基点となっている。[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の蒜山原の言及

【蒜山高原】より

…岡山県北部,蒜山南麓の高原。蒜山原ともいわれる。かつて陸軍の演習場であったが,第2次大戦後に開墾された。…

※「蒜山原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

蒜山原の関連キーワード川上(岡山県真庭郡)八束(岡山県)湯原温泉郷軍馬