コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒟蒻・菎蒻(読み)こんにゃく

大辞林 第三版の解説

こんにゃく【蒟蒻・菎蒻】

サトイモ科の多年草。インドシナ原産。渡来は古く、各地で栽培される。葉は球茎から一個出て、葉柄は太く長く茎のように見える。球茎をこんにゃく玉という。こにゃく。
こんにゃく玉をおろすか粉砕したものに水を加えて練り、消石灰を加えて固めた食品。成分のほとんどが水分で、栄養価値はないが、その弾力ある歯ざわりが好まれ、田楽・白和しらあえ・おでんなどに用いられる。
[句項目] 蒟蒻掘る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android