コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こんにゃく こんにゃく

1件 の用語解説(こんにゃくの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

こんにゃく

《栄養と働き》
 サトイモ科のコンニャクイモからつくられる食物で、インドシナ半島原産地です。わが国には平安時代に伝わったといわれています。
 こんにゃくをつくる際には、コンニャクイモの球茎を粉末にしたものが使われます。コンニャクイモは石灰などのアルカリ性の物質といっしょになるとかたまる性質があり、それを利用してつくられる食物です。
グルコマンナンが血糖値、コレステロール値を下げる〉
○栄養成分としての働き
 成分としては97%が水分で、栄養価はあまり高いとはいえませんが、主成分にグルコマンナンを含んでいることが大きな特徴です。
 グルコマンナンとは、人間の消化酵素では分解できない食物繊維。これが消化されないまま腸に入り、水分を吸収して膨らみ、腸内を移動するあいだに便をやわらかくしてくれるのです。その結果、便通をよくし、老廃物を体外に排泄(はいせつ)します。
 ローカロリーなので、ダイエット食にも向いています。
 グルコマンナンには血糖値の上昇を抑え、コレステロール値を下げる作用があるので、糖尿病、高脂血症(こうしけっしょう)の改善にも役立ちます。
《調理のポイント
〈すきやきに入れると脂肪の吸収を抑える〉
 コンニャクイモの皮をむいてから製粉したものは白色をしています。皮付きのままつくられたものは黒こんにゃくで、腸内清掃の効果がより期待できます。
 板状になったものを板こんにゃくといい、玉状のものを玉こんにゃくといいます。しらたきはつくる過程で熱湯中に細く絞りだしてかためたもので、板こんにゃくをところてんのように突きだしたものを糸こんにゃくと呼んでいます。
 こんにゃく自体には栄養価が少ないので、調理の際は組み合わせる食材をくふうしましょう。食物繊維の働きを考えると、動物性食品やコレステロールの高い献立のときは積極的に取り入れたい食材です。
 たとえばすきやきに用いると、脂肪の吸収を抑えてくれます。体内で量がふえるので、食べすぎを防いでくれるという利点もあります。アルカリが強いので、すきやきのとき、肉のそばに置くと肉がかたくなります。すきやき鍋で煮るときは、こんにゃくと肉を近づけないほうがよさそうです。
 また、調理前に湯通しすると凝固剤を取り除けます。そのときは、水から入れて沸騰(ふっとう)させるようにしましょう。煮ものなどに用いるときは、格子状(こうしじょう)切れ目を入れたり、手でちぎったりして表面積を大きくすると味が染み込みやすくなります。
○注意すべきこと
 ローカロリーといっても、過食に気をつけたい場合もあります。
 けいれん性便秘や神経過敏症の人、腹部に炎症性の疾患がある人は、食べすぎると便秘をこじらせてしまうことがあるので、注意が必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

こんにゃくの関連キーワード蒟蒻本糸蒟蒻蒟蒻芋蒟蒻粉里芋蓮芋コンニャクコンニャクイモサトイモこんにゃく石

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

こんにゃくの関連情報