コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒟蒻/菎蒻 コンニャク

デジタル大辞泉の解説

こん‐にゃく【××蒻/××蒻】

サトイモ科の多年草。地下茎は大きい扁球(へんきゅう)形で、高さ約1メートルの葉を1枚伸ばす。葉は二股状に分かれ、さらに不規則に裂けている。葉の出ない年の初夏、高さ約1メートルの花茎を伸ばし、仏炎苞(ぶつえんほう)をもつ花をつける。インドシナの原産で、古くから栽培。こにゃく 花=夏》「―の咲く薬園のきつねあめ/蛇笏
1の地下茎を粉にしたものを水で練り、石灰液を加え、ゆでて固まらせた食品。成分のほとんどは水分で、グルコマンナンを含む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蒟蒻 (コンニャク)

学名:Amorphophallus konjac
植物。サトイモ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蒟蒻/菎蒻の関連キーワードコトジツノマタ(琴柱角叉)氷蒟蒻・凍り蒟蒻林屋正蔵(2代)グルコマンナン小菅修船場跡酢の蒟蒻の東太郎兵衛渡辺 大一瀬戸口美桜遠藤 留吉精進供御人蒟蒻・菎蒻コンニャク藩専売制豆腐百珍吹石一恵奈良専二渡辺大一益子金蔵内田吏音