コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓄光塗料 チクコウトリョウ

1件 の用語解説(蓄光塗料の意味・用語解説を検索)

リフォーム用語集の解説

蓄光塗料

太陽光や蛍光灯などの光エネルギー(紫外線)を吸収して、暗闇で 徐々に光を放出する材料の事。夜光とも呼ばれる。吸収する光エネルギーが強ければ強いほど、より明るく、長時間発光を続け、弱ければ発光も暗く、 時間も短くなる。現在主流となっているアルミナ系酸化物は有害物質は全く含まれず、極めて安全な材料で、耐候性や耐熱性に対して極めて安定しており、半永久的に発光を繰り返す。セメント系材料、木材、金属、樹脂(一部の素材除く)など様々な材料に使用できる。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蓄光塗料の関連キーワードエネルギー資源エネルギー準位エネルギー代謝核エネルギー熱エネルギー省エネルギー住宅新エネルギー一次エネルギーローカルエネルギーエネルギー学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蓄光塗料の関連情報