コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓄光塗料 チクコウトリョウ

1件 の用語解説(蓄光塗料の意味・用語解説を検索)

リフォーム用語集の解説

蓄光塗料

太陽光や蛍光灯などの光エネルギー(紫外線)を吸収して、暗闇で 徐々に光を放出する材料の事。夜光とも呼ばれる。吸収する光エネルギーが強ければ強いほど、より明るく、長時間発光を続け、弱ければ発光も暗く、 時間も短くなる。現在主流となっているアルミナ系酸化物は有害物質は全く含まれず、極めて安全な材料で、耐候性や耐熱性に対して極めて安定しており、半永久的に発光を繰り返す。セメント系材料、木材、金属、樹脂(一部の素材除く)など様々な材料に使用できる。

出典|リフォーム ホームプロ
リフォーム用語集について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蓄光塗料の関連情報