コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓮田善明 はすだ ぜんめい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蓮田善明 はすだ-ぜんめい

1904-1945 昭和時代前期の国文学者。
明治37年7月28日生まれ。成城高(現成城大)などでおしえる。古典研究の同人誌「文芸文化」を刊行,日本浪曼派の同人を執筆陣にくわえた。第二次大戦に召集され,終戦をマレー半島でむかえる。昭和20年8月19日上官を射殺し,ピストル自殺した。42歳。熊本県出身。広島文理大卒。著作に「鴎外(おうがい)の方法」「花のひもとき」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

蓮田善明の関連キーワード手紙で触れられた文学者ら小高根 二郎小高根二郎

蓮田善明の関連情報