蓮田東三(読み)はすだ とうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蓮田東三 はすだ-とうぞう

1837-1858 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)8年生まれ。弟香川敬三と水戸で活動。安政4年アメリカ総領事ハリスが将軍徳川家定に謁見したことにいかり,江戸にいきハリス襲撃を計画したがはたせず自首。安政5年1月4日伝馬町の牢で病死。22歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。名は信成。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android