コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂糖大根 サトウダイコン

大辞林 第三版の解説

さとうだいこん【砂糖大根】

アカザ科の二年草。ヨーロッパ原産。主に、サトウキビの栽培不能な温帯北部で栽培。根は大根のように肥大する。根葉は柄が長く長卵形。根にショ糖を含み、砂糖の原料とする。茎・葉は飼料とする。甜菜てんさい。ビート。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

砂糖大根 (サトウダイコン)

植物。アカザ科の越年草,薬用植物。サトウジシャの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

砂糖大根の関連キーワードルイーズ アードリックフダンソウ(不断草)ビートパルプサトウキビ珊瑚樹菜トルンカショ糖根葉飼料

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android