コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔭付の民 いんぷのたみyin-fu zhi min; yin-fu chih min

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蔭付の民
いんぷのたみ
yin-fu zhi min; yin-fu chih min

中国で,豪族など有力者に身を寄せて,その庇護のもとに生活する無戸籍の民。本来戸籍につけられていた民衆 (編戸の民) が,飢饉や戦乱などにより,独立した生活が営めなくなり,その郷里もしくは流寓地で有力者のもとに入ったために生じたもの。編戸の民の減少は国家経済の危機をもたらすため,国家はしばしば蔭付の民を摘発し,戸籍につけようとした (→土断 ) 。しかし六朝時代には,国家自体が難民救済するだけの力がないと判断した際,編戸の民が有力者の蔭付の民となるのを容認する場合もあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android