コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵俊 ぞうしゅん

1件 の用語解説(蔵俊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蔵俊 ぞうしゅん

1104-1180 平安時代後期の僧。
長治(ちょうじ)元年生まれ。法相(ほっそう)宗。興福寺の覚晴,良慶らにまなぶ。治承(じしょう)3年興福寺権(ごんの)別当となり,寺内菩提(ぼだい)谷に興善院をひらき,覚憲,信円ら多くの弟子を育成した。治承4年9月27日死去。77歳。のち僧正法印大和尚位を追贈された。大和(奈良県)出身。俗姓は巨勢(こせ)。号は教明房。著作に「因明論大疏(いんみょうろんだいしょ)」「法相宗章疏(しょうしょ)目録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の蔵俊の言及

【誓願寺】より

…もと奈良にあって恵隠が創建し,三論宗を奉じていたが,奈良より山城相楽郡に移り,794年(延暦13)平安京遷都ののち山城の紀伊郡深草に移され,さらに元誓願寺町に転じたという(一説に,平安遷都に伴い山城国乙訓郡に移り,中世さらに上京一条小川に移転したともいう)。21代の住持蔵俊は法相宗を学んだが,浄土宗の祖法然の学解に触れて同調者となったと伝える。法然の弟子で西山派の祖証空の門下に入った深草真宗院の円空立信が当寺を兼帯してより西山深草派の本寺となり,その弟子顕意道教が誓願寺に住んでから念仏弘通の一大道場になったとされ,62代の光空看瑞まで,真宗院と兼帯する住持が多かった。…

※「蔵俊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蔵俊の関連キーワード一来永実円憲覚範春日局(2)行恵行智(1)信慧日胤日覚

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蔵俊の関連情報