コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵宿師 クラヤドシ

デジタル大辞泉の解説

くらやど‐し【蔵宿師】

江戸時代、旗本御家人などに雇われて、札差との間の金の貸借についての談判にのぞんだ者。主に浪人で、幕府はこれを取り締まった。また、札差もこれに対抗して屈強な者をおいた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くらやどし【蔵宿師】

江戸時代、旗本や武士などの依頼を受けて、蔵宿と借金の交渉を行うことを業とした者。弁舌・気力にたけた浪人などがなり、蔵宿側は折衝役をおいてこれに対抗した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蔵宿師の関連キーワード弁舌蔵宿