コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵宿師 クラヤドシ

デジタル大辞泉の解説

くらやど‐し【蔵宿師】

江戸時代、旗本御家人などに雇われて、札差との間の金の貸借についての談判にのぞんだ者。主に浪人で、幕府はこれを取り締まった。また、札差もこれに対抗して屈強な者をおいた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くらやどし【蔵宿師】

江戸時代、旗本や武士などの依頼を受けて、蔵宿と借金の交渉を行うことを業とした者。弁舌・気力にたけた浪人などがなり、蔵宿側は折衝役をおいてこれに対抗した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

蔵宿師の関連キーワード弁舌蔵宿

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android