コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用心棒 ヨウジンボウ

デジタル大辞泉の解説

ようじん‐ぼう【用心棒】

護衛のために身辺につけておく者。「用心棒を雇う」
閉めた戸を内側から押さえておく棒。しんばりぼう。
万一のときに身を守るために、手もとに用意しておく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ようじんぼう【用心棒】

1961年製作の日本映画。黒沢明監督,東宝/黒沢プロダクション作品。汚職を社会悪としてとり上げた《悪い奴ほどよく眠る》(1960)につづく黒沢プロダクション(1959設立)の第2回作品で,脚本は菊島隆三と黒沢の合作。三船敏郎演ずる浪人がある小さな宿場へやってきて,なわばり争いをしている二つの暴力組織を手玉にとって闘わせ,結果的に両方を退治して飄然(ひようぜん)と去っていくという筋書のこの映画は,黒沢みずからが語るとおり,ドラマとして分析すれば穴だらけで,徹底的に映画的な楽しさだけを追求した,〈ある意味では喜劇〉であるといえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ようじんぼう【用心棒】

護衛のために身近に連れている従者。ボディーガード。
外から戸をあけられないように戸にあてがっておく棒。しんばり棒。
盗賊などから身を守るために、身近に用意しておく棒。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

用心棒の関連情報