用心棒(読み)ヨウジンボウ

デジタル大辞泉の解説

ようじん‐ぼう【用心棒】

護衛のために身辺につけておく者。「用心棒を雇う」
閉めた戸を内側から押さえておく棒。しんばりぼう。
万一のときに身を守るために、手もとに用意しておく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ようじんぼう【用心棒】

1961年製作の日本映画。黒沢明監督,東宝/黒沢プロダクション作品。汚職を社会悪としてとり上げた《悪い奴ほどよく眠る》(1960)につづく黒沢プロダクション(1959設立)の第2回作品で,脚本は菊島隆三と黒沢の合作。三船敏郎演ずる浪人がある小さな宿場へやってきて,なわばり争いをしている二つの暴力組織を手玉にとって闘わせ,結果的に両方を退治して飄然(ひようぜん)と去っていくという筋書のこの映画は,黒沢みずからが語るとおり,ドラマとして分析すれば穴だらけで,徹底的に映画的な楽しさだけを追求した,〈ある意味では喜劇〉であるといえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ようじんぼう【用心棒】

護衛のために身近に連れている従者。ボディーガード。
外から戸をあけられないように戸にあてがっておく棒。しんばり棒。
盗賊などから身を守るために、身近に用意しておく棒。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ようじん‐ぼう【用心棒】

〘名〙
① 万一の場合、身を守るために備えておく棒。
② 締めたを中から押えるための棒。しんばりぼう。
※人情本・貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)三「用心棒(ヨウジンボウ)を打ち振り打ちふり、現はれ出でたる両個の小僕」
護衛のために雇っておく従者。特に、博徒などが、警戒のためにかかえておく武芸者。また、店などで、客の乱暴に備えて置かれる見張りの者。
※雑俳・筑丈評万句合(1746‐48)「世の中は・用心棒は反り次第」
※死霊‐三章(1946‐48)〈埴谷雄高〉「映画館の用心棒をしているんだが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

用心棒の関連情報