薄氷を履む(読み)ハクヒョウヲフム

デジタル大辞泉 「薄氷を履む」の意味・読み・例文・類語

薄氷はくひょう

《「詩経小雅・小旻から》非常に危険な状態に臨むことのたとえ。「薄氷を履む思い」
[類語]険悪険しい不穏際どい物騒危険危難危機危殆きたい危地虎口ここうピンチ剣呑けんのん危ないやばいきな臭い呉越同舟一触即発風前のともしび風雲急を告げる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「薄氷を履む」の意味・読み・例文・類語

はくひょう【薄氷】 を 踏(ふ)

  1. ( 薄くて割れやすい氷の上をふむの意。「詩経‐小雅・小旻」の「戦戦兢兢、如深淵、如薄氷」による ) ひじょうに危険な状況にのぞむことのたとえ。うすごおりをふむ。氷を歩む。
    1. [初出の実例]「下官一人執行諸事、愚頑更以無術。又踏薄氷之代也。触事有憚」(出典春記‐長暦四年(1040)一〇月一八日)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

故事成語を知る辞典 「薄氷を履む」の解説

薄氷を踏む

非常に危険な状況にあることのたとえ。

[使用例] 私は、私の家庭においても、絶えず冗談を言い、薄氷を踏む思いで冗談を言い、一部読者批評家想像を裏切り[太宰治桜桃|1948]

[由来] 「詩経―小雅・しょうびん」の詩の一節から。非常に注意深くものごとを行うようすを、「しんえんに臨むがごとく、薄氷をむがごとし(崖っぷちから深い底をのぞくときのように、あるいは薄い氷の上に足を載せるときのようにする)」とたとえています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android