コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄雪姫 うすゆきひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

薄雪姫 うすゆきひめ

仮名草子「薄雪物語」の主人公。
清水(きよみず)寺参詣のおり,園部の衛門にみそめられ,人妻の身でしのびあう仲となるが,やがて病死。衛門は悲嘆のあまり出家する。「薄雪物語」は慶長のころに書かれたとされ,中世の恋物語を題材往復書簡で構成されている。浄瑠璃(じょうるり),歌舞伎の題材にもなった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

薄雪姫の関連キーワード新薄雪物語仮名草子長作

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android