コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄雪姫 うすゆきひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

薄雪姫 うすゆきひめ

仮名草子「薄雪物語」の主人公。
清水(きよみず)寺参詣のおり,園部の衛門にみそめられ,人妻の身でしのびあう仲となるが,やがて病死。衛門は悲嘆のあまり出家する。「薄雪物語」は慶長のころに書かれたとされ,中世の恋物語を題材往復書簡で構成されている。浄瑠璃(じょうるり),歌舞伎の題材にもなった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

薄雪姫の関連キーワード新薄雪物語仮名草子長作

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android