コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薗田守良 そのだ もりよし

2件 の用語解説(薗田守良の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

薗田守良 そのだ-もりよし

1785-1840 江戸時代後期の神職,神道学者。
天明5年11月19日生まれ。伊勢神宮の神職荒木田氏の一族。文化9年内宮(ないくう)禰宜(ねぎ)となる。神宮の儀礼や制度をまとめた「神宮典略」や注釈書「新釈令義解(しんしゃくりょうのぎげ)」は名著として知られる。天保(てんぽう)11年6月18日死去。56歳。伊勢(三重県)出身。初名は守稲。通称は大弐。号は西園主人。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

薗田守良

没年:天保11.6.18(1840.7.16)
生年:天明5.11.19(1785.12.20)
江戸後期の神道学者。伊勢国(三重県)度会郡宇治の人。荒木田守諸の子。本姓は荒木田氏。幼名は隠岐麿。通称は大弐。名は初め守稲と称し,のちに守良と改めた。号は西園。伊勢内宮の禰宜家に生まれ,寛政6(1794)年皇大神宮権禰宜となる。文化9(1812)年禰宜に進み従四位下に叙された。神宮の故実に通じ,また古代の律令法制の研究家でもあった。<著作>『新釈令義解』『神宮典略』『内宮禰宜年表』『外宮禰宜年表』<参考文献>『宇治山田市史』,利光三津夫『律令制とその周辺』,律令研究会編『新釈令義解』解題

(白山芳太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薗田守良の関連キーワード度会美彦伊勢神道大河内藤波神道度会神道度会中西直方橋村正兌檜垣常名真野時綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone