コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薗田守良 そのだ もりよし

2件 の用語解説(薗田守良の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

薗田守良 そのだ-もりよし

1785-1840 江戸時代後期の神職,神道学者。
天明5年11月19日生まれ。伊勢神宮の神職荒木田氏の一族。文化9年内宮(ないくう)禰宜(ねぎ)となる。神宮の儀礼や制度をまとめた「神宮典略」や注釈書「新釈令義解(しんしゃくりょうのぎげ)」は名著として知られる。天保(てんぽう)11年6月18日死去。56歳。伊勢(三重県)出身。初名は守稲。通称は大弐。号は西園主人。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

薗田守良

没年:天保11.6.18(1840.7.16)
生年:天明5.11.19(1785.12.20)
江戸後期の神道学者。伊勢国(三重県)度会郡宇治の人。荒木田守諸の子。本姓は荒木田氏。幼名は隠岐麿。通称は大弐。名は初め守稲と称し,のちに守良と改めた。号は西園。伊勢内宮の禰宜家に生まれ,寛政6(1794)年皇大神宮権禰宜となる。文化9(1812)年禰宜に進み従四位下に叙された。神宮の故実に通じ,また古代の律令法制の研究家でもあった。<著作>『新釈令義解』『神宮典略』『内宮禰宜年表』『外宮禰宜年表』<参考文献>『宇治山田市史』,利光三津夫『律令制とその周辺』,律令研究会編『新釈令義解』解題

(白山芳太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

薗田守良の関連キーワード西部開拓史アヘン戦争三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水井関隆子薗田守良

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone