コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬剤による脱毛症 やくざいによるだつもうしょう

家庭医学館の解説

やくざいによるだつもうしょう【薬剤による脱毛症】

 ふつう、原因となる薬剤を使用して約10日でびまん性(全身)に脱毛がおこるものをいいます(毛髪と体毛の病気(「円形脱毛症」))。
 この脱毛は、薬剤を中止すると止まり、もとどおりになります。
 薬剤による脱毛症は、抗腫瘍剤(こうしゅようざい)(硫酸ビンクリスチンなど)、抗血液凝固薬(ヘパリンなど)、抗甲状腺薬(こうこうじょうせんやく)(チオウラシルなど)、ビタミンAの過剰使用などによりおこります。
 これらの薬剤の成分によって、毛母細胞の分裂が急激に抑制されるためです。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

薬剤による脱毛症の関連キーワードビタミンA

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android