薬師算(読み)ヤクシザン

デジタル大辞泉の解説

やくし‐ざん【薬師算】

碁石を並べる遊びの一。何個かの碁石を中空正方形に並べ、次に1辺のみ残し他を崩し、その崩した石を残した1辺に添え並ばせると何個か端数がでる。その端数から石の総数を言い当てる遊戯。当て方に12という数が使われるので、薬師如来十二神将にちなんだもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やくしざん【薬師算】

碁石を用いた遊び。碁石を中空正方形状に並べさせ、それを崩してから改めて一列がもとの一辺と同数になるように揃えて並べさせると、三列になり何個か残る。その残りの個数から碁石の総数を当てる。その当て方は(残りの数×4)+12 である。ここに表れる一二を薬師如来の一二の誓願、十二神将になぞらえて薬師算という。「塵劫記」に記載がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やくし‐ざん【薬師算】

〘名〙 碁石を用いてする遊び。相手方に何個かの碁石を中空の方形・正三角形などの形に並べさせ、次に一辺のみ残して他辺を崩し、その崩した石を残した石に添えて並べさせ、その端数をたずねて総数を言い当てる。〔塵劫記(1627)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android