コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬師通夜物語 やくしつやものがたり

世界大百科事典 第2版の解説

やくしつやものがたり【薬師通夜物語】

仮名草子。作者不明。1643年(寛永20)刊。1巻。別名に《福斎物語》《鼠物語》《寛永飢饉物語》がある。福斎という医者が,因幡(いなば)堂に通夜したとき,薬師の十二神が寛永18年から20年までの全国の飢饉につき話し合っていたが,やがて薬師が現れ,それは人間のおごりが原因であると説明し,天道に憎まれぬようにせよと結論する。見聞記として寛永の飢饉の状況がくわしく記されている。【野田 寿雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

薬師通夜物語の関連キーワードルイルイフランス史(年表)皇太極セーリスセーリス皇太極ミアントノミモラレス後光明天皇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android