コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬師通夜物語 やくしつやものがたり

1件 の用語解説(薬師通夜物語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やくしつやものがたり【薬師通夜物語】

仮名草子。作者不明。1643年(寛永20)刊。1巻。別名に《福斎物語》《鼠物語》《寛永飢饉物語》がある。福斎という医者が,因幡(いなば)堂に通夜したとき,薬師の十二神が寛永18年から20年までの全国の飢饉につき話し合っていたが,やがて薬師が現れ,それは人間のおごりが原因であると説明し,天道に憎まれぬようにせよと結論する。見聞記として寛永の飢饉の状況がくわしく記されている。【野田 寿雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

薬師通夜物語の関連キーワード薄雪物語可笑記仮名草子棠陰比事仁勢物語無名草子尤草紙仮名本恵中苗村常伯

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone