コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛永の飢饉 かんえいのききん

世界大百科事典 第2版の解説

かんえいのききん【寛永の飢饉】

1641‐42年(寛永18‐19)の凶作による江戸時代最初の大飢饉。1630年代を通じて慢性的な農民の疲弊,それによる農地の荒廃現象がみられたが,37年に起こった島原の乱は,九州を中心とした大量の兵粮と軍役徴発・動員により,農村の疲弊状況をさらに深刻化させた。40年には,西日本を中心として全国的に牛疫病が流行し,九州では大量の牛死が発生して,農耕に甚大な影響を与えた。翌41年には,西日本では干ばつに見舞われ,さらには虫害の被害をうけ,北陸・関東・東北地方では長雨冷気による冷害に襲われ,全国的な大凶作となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寛永の飢饉
かんえいのききん

1642年(寛永19)、前年よりの冷害凶作のために起こった全国的な大飢饉。下野(しもつけ)国(栃木県)黒羽藩執政鈴木武助(ぶすけ)は、その著『農諭』(1805)に、彼の考証による慶長(けいちょう)(1596~1615)以来の四大飢饉をあげ、その第一に寛永の飢饉を置き、以下年代順に延宝(えんぽう)、享保(きょうほう)、天明(てんめい)の飢饉を数えている。この考証から、飢饉は100年といわず、「近ければ三四十年、遠くとも五六十年の内に来るとおもうべし」との見解を示している。信州(長野県)松本藩領の一農村では、餓死人数147人、売り人数92人、逐電(ちくてん)(逃亡)百姓軒数38軒、餓死家畜数牛85疋(ひき)・馬82疋という惨状を呈していた(『信濃(しなの)史料』による)。村高481石余のこの山村では、「三分一ハたいてん(退転)仕候」という手痛い打撃を受けた。そして、その原因を「むしたち」によるとしている。いま「むしたち」の語義は明らかでないが、いもち病やウンカの虫害に関連していることが想定されよう。さらに、この村の特産であるアサも被害を受け、「一粒一本」の収穫もなし、と記されている。
 このように、飢饉は一概に政災・人災とはいえないが、岡山藩主池田光政(みつまさ)は、地方(じかた)支配の給人層が撫民(ぶみん)という武士の徳義を忘れて、このような惨状のなかで津留(つどめ)・穀留(こくどめ)の障壁をいよいよ高くして米価の高騰をねらう逸脱を指摘している。いわば構造的政災を指摘したものといえよう。同時に、いわゆる名君の現状認識の深さをうかがわせるものであろう。この飢饉を契機として、小農の維持・創出という幕府の農政の基調も深められていった。[長倉 保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の寛永の飢饉の言及

【薬師通夜物語】より

…福斎という医者が,因幡(いなば)堂に通夜したとき,薬師の十二神が寛永18年から20年までの全国の飢饉につき話し合っていたが,やがて薬師が現れ,それは人間のおごりが原因であると説明し,天道に憎まれぬようにせよと結論する。見聞記として寛永の飢饉の状況がくわしく記されている。【野田 寿雄】。…

※「寛永の飢饉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寛永の飢饉の関連キーワード薬師通夜物語金森重頼

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android