コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬茶に要注目 やくちゃにようちゅうもく

食の医学館の解説

やくちゃにようちゅうもく【薬茶に要注目】

 健康増進に役立つ成分をもった山野草を乾燥し、お茶と同様、熱湯で抽出した飲料を薬茶(やくちゃ)、もしくは健康茶と呼んでいます。杜仲茶(とちゅうちゃ)や甜茶(てんちゃ)は代表的薬茶ですが(「杜仲茶」「甜茶」参照)、ほかにも薬茶には多くの種類があります。
 こうした薬茶の多くは、古くから限られた地域で、健康によい飲みものとして愛好されてきたものです。しかし、最近の健康ブームとともに、その効用が紹介されたことで、一般にも、高い人気を集めるようになりました。
 家庭で薬茶を楽しむ場合、昔は自分で山野草を採集。乾燥して使用するのがふつうでした。しかし、現在では使いやすい市販品が数多く出回っているので、それを利用するのが現実的です。
 作り方は急須(きゅうす)や茶こしに材料となる茶葉を入れ、適量の熱湯を注ぐのが一般的。薬茶は薬ではないので、飲み方や飲む量にとくに制限はありませんが、1日に3~5杯程度が適当でしょう。
 また、即効性は望まず、毎日気長に飲み続けることもたいせつです。ただし、医師から食事の制限を受けている場合は、薬茶の飲用についても相談を忘れずに。
 購入した薬茶を保存する場合、湿気を防ぐために密閉容器を使い、冷蔵庫に入れておくようにします。

出典|小学館食の医学館について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android