コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甜茶 てんちゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甜茶
てんちゃ

中国では旧正月や慶事の際に好んで飲まれる甘みのある茶。原料となる茶葉は地域によって,ユキノシタ科,アカネ科,ブナ科バラ科など各種あり,それぞれの効能も異なる。なかでも中国南部桂林の奥地,標高 500~1200mの山岳地帯に自生するバラ科キイチゴ属の甜茶懸鉤子でつくった甜茶はコワンシー (広西) チワン (壮) 族自治区の人々によって,これまでも嗜好品としてばかりでなく,健康維持のために愛飲されてきた。 1994年このバラ科の甜茶の成分を分析した三重大学の鵜飼幸太郎らのグループは,タンニンの1種である GODポリフェノールが含まれていることを発見,日本アレルギー学会で発表した。花粉症のようなアレルギー反応は肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が遊離され,鼻水,くしゃみ,鼻づまりといった症状を引起すと考えられているが,この GODポリフェノールが,ヒスタミンなどの放出を阻止する働きがあることから,バラ科キイチゴ属の甜茶は,花粉症に有効であると注目されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

甜茶【てんちゃ】

中国南部の広西チワン族自治区の山岳地帯に自生する,バラ科の植物の葉を煮出した甘みのある茶。中国では古くから旧正月に1年の幸せを願って飲まれてきた。現在でも〈開胃茶〉と呼ばれ,食欲増進や咳止め,解熱に効果のある健康飲料として親しまれているという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

食の医学館の解説

てんちゃ【甜茶】

《栄養と働き&調理のポイント》


 中国では、甘みのあるお茶全般を甜茶(てんちゃ)と呼んでいます。なかでも、中国南部を原産とするバラ科の植物、「甜葉懸鈎子」からつくられたものが、「甜茶」です。
○栄養成分としての働き
 甜茶には、カリウム、カルシウム、鉄、マグネシウム、亜鉛(あえん)などのミネラルのほか、「甜茶ポリフェノール」と呼ばれる成分や、特有の甘みのもととなるルブソシドなどが含まれているといわれています。
 とくに最近注目を集めているのが、花粉症、アレルギー性鼻炎を緩和する作用です。
 含有成分の甜茶ポリフェノールが免疫細胞に働きかけて、症状のもとであるヒスタミンなどの放出量を減少させるので、花粉症の人は、花粉の飛ぶ時期の約1か月前から甜茶を飲みはじめると、より効果的とされます。
 ほかにも、甜茶は糖尿病や高血圧に効果があるといわれます。
 また、ルブソシドは砂糖の70倍以上の甘みをもちますが、ほぼノンカロリーなのでダイエット中の人にも安心です。
○漢方的な働き
 中国において甜茶は、熱やせき、たんなど、かぜの症状を抑える飲みものとして愛用されています。
 甜茶をつくる場合は、小さじ1杯程度の茶葉を、300mlの熱湯で、2~3分煮出すのを目安にしてください。

出典|小学館食の医学館について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんちゃ【甜茶】

甘い中国茶の総称。牛白藤ぎゆうはくとう、多穂柯たすいか、甜茶懸鈎子てんちやけんこうし、臘蓮繡球ろうれんしゆうきゆうなどの葉を煮出したもの。中国では多幸を願い、旧正月にこれを飲む習慣がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

甜茶の関連キーワードノンシュガー花鼻迷惑はなのど飴W広西チワン(壮)族自治区サプリメントとはアレルギー性疾患ミルキーのど飴薬茶に要注目おはなのど飴はなのど飴三重大学すいか総称

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甜茶の関連情報