コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杜仲茶 トチュウチャ

5件 の用語解説(杜仲茶の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とちゅう‐ちゃ【×杜仲茶】

杜仲の葉を煎じたお茶。肝機能の向上や血圧を下げるのに効果があるとされる。→杜仲

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

杜仲茶【とちゅうちゃ】

中国・四川省原産の落葉高木〈トチュウ〉の葉を使ったチャ。カルシウムカリウムなどの微量元素が含まれ,健康茶として好まれる。トチュウは高さ約20m,樹皮は暗褐色,葉は長さ5〜15cm,やや厚めの楕円形で縁は鋸(のこぎり)歯状で,もともとは樹皮を乾燥させ,煎じて飲用した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

食の医学館の解説

とちゅうちゃ【杜仲茶】

《栄養と働き&調理のポイント
 杜仲(とちゅう)は中国四川(しせん)省原産の落葉樹で、他に同類をもたない一科一属一種のめずらしい植物です。害虫や細菌も寄せつけない強い生命力をもち、その樹皮は古来より、不老長寿の高貴な漢方薬として珍重されてきました。
 杜仲茶は、樹皮と同様の成分を含む杜仲の葉を熱湯で抽出したものです。葉の薬効は、樹皮よりずっとゆるやかです。
○栄養成分としての働き
 杜仲の葉は栄養素に富んでおり、その抽出液の杜仲茶にもカリウム、マグネシウム、亜鉛(あえん)、リンなどのミネラルやビタミンCが豊富です。
 さらに、副交感神経の緊張をやわらげる成分、血圧の降下作用がある成分などが含まれているといわれています。
 これらの栄養素の働きによるおもな効用は、高血圧動脈硬化冷え症、便秘、むくみなどの予防・改善。また、ストレス解消や物忘れの防止にも有効なほか、コラーゲンの分解・合成能力を高めて、肌の老化も防ぐといわれます。
 最近では、さまざまな形に製品化された杜仲茶が市販されていますが、購入するときには杜仲葉100%のものを選ぶのがポイントです。
○注意すべきこと
 杜仲茶にはカリウムが多く含まれるので、腎臓病などでカリウムの摂取制限を受けている人はひかえてください。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

大辞林 第三版の解説

とちゅうちゃ【杜仲茶】

トチュウの葉からつくられる茶。ミネラルを多く含み、脂肪減少・血圧降下などの作用があるとされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

とちゅうちゃ【杜仲茶】


中国南西部四川省原産のトチュウ科の落葉高木、杜仲の葉を乾燥させ、飲料用としたもの。また、これを煎じた飲み物。成分にゲニポシド酸を含み、利尿、血圧降下、肝機能の向上、脂肪の減少などに効果があるとされる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杜仲茶の関連キーワードブレークポイントポイント活字ポイントガードGポイントSuicaポイントツイスト テクノポイントプリンスポイントカードボーナスポイントポイント方式ヒッティングポイント

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

杜仲茶の関連情報