藍紙(読み)アイガミ

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐がみ あゐ‥【藍紙】

〘名〙
露草の花の汁を和紙にしみこませたもの。友禅模様下絵を描くのに用いたり、絵の具としたり、古くは写経写本に用いたりした。うつしばな。紺紙(こんがみ)。青紙。青花紙。藍花紙。
藍染めの仙花紙。婦人の髷(まげ)飾りの型を作るのに用いる。藍花紙。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の藍紙の言及

【青花紙】より

…藍紙(あいがみ)ともいう。ツユクサの花の絞り汁を典具帖(てんぐじよう)(良質のコウゾ繊維を原料として薄くすいた和紙)にしみ込ませたもの。…

※「藍紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android