コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紺紙 コンガミ

デジタル大辞泉の解説

こん‐がみ【紺紙】

紺色の紙。藍紙。こんし。

こん‐し【紺紙】

紺色に染めた紙。写経などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こんがみ【紺紙】

紺色の紙。藍紙あいがみ

こんし【紺紙】

紺色に染めた紙。こんがみ。金泥・銀泥で写経や仏画に用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紺紙
こんし

(あい)で紺色に染色した和紙。「こんがみ」ともいう。『正倉院文書』にある染め紙の名称「深縹(ふかはなだ)」はこの色のことをさし、実物が『色麻紙(いろまし)』19巻のなかにみられる。紺紙に金泥(きんでい)または銀泥で写経した例は、744年(天平16)に書かれた『華厳経(けごんきょう)』をはじめとして、平安時代に装飾経(美しく飾る目的で華美に装飾した特殊な写経)として華麗な流行をみた。とくに『久能寺経(くのうじきょう)』や『平家納経(のうきょう)』などが有名である。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

紺紙の関連キーワード熱海市立伊豆山郷土資料館山梨県笛吹市一宮町一ノ宮金字経(こんじきょう)深見 重助(13代目)太子(町)(兵庫県)本興寺(静岡県)百済寺(滋賀県)一宮(山梨県)高野山(寺院)善導寺(寺)蒔田さくら子柳田 泰雲髱差・髱刺笛吹(市)大長寿院柳田泰雲中尊寺経富士宮市紺紙金泥金剛峯寺

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紺紙の関連情報